Skip primary navigation
C-X75 concept car rear three quarter

ジャガーについて

skip.tertiary.navigation

C-X16 - 未来を見据えた鮮明なビジョン

2011年、フランクフルトモーターショーで発表された Jaguar C-X16。

他に類を見ない2シータースポーツカーC-X16。 この一台は、コンセプトカーでありながら、ジャガーの未来のデザインとテクノロジーを大胆に主張するモデルです。

「ジャガーの真髄は常にスポーツでした。21世紀のジャガースポーツカーに対する私たちのビジョンを見事なまでに体現しているのがC-X16なのです。 C-X16は、スピード、美しさ、さらにサステナブルなパワートレイン技術の開発に対する私たちの決意が際立つモデルとなっています。 ジャガーが得意とする官能的なデザイン、野生動物のような俊敏性、感性を刺激するパフォーマンス。これらの要素と未来を担う低排出量スポーツカーへの私たちの取り組みを融合させているのです」と、ジャガー グローバルブランドディレクターのエイドリアン・ホールマークは語っています。

C-X75と同様、C-X16は夢のパフォーマンスカーです。 そしてまたC-X75と同じく、このモデルのシャープなエクステリアは感動的ともいえるデータの結果に裏打ちされているのです。 静止した状態から 100km/hまで到達するのに必要な時間は、わずか4.4秒。最高速度は300km/h。80km/hから120km/hまでの加速はわずか2.1秒です。

最新鋭のメカニクスを凝縮したC-X16のアルミニウムボディ。そのしなやかなスタンスが、ダイナミックな俊敏性をより向上させています。 低く流れるようなルーフからテールへとシンプルでありながら明確な意志を持つボディライン。ムダをそぎ落とした筋肉質なフォルムは、まさにジャガーならではのスタイルです。

ジャガーのデザインディレクター、イアン・カラムが次のように語っています。「ジャガーのスポーツカーである以上、そのデザインには明確な動きが見てとれないといけない。C-X16はそれを達成した見事な例だと思います。 それぞれのラインの始まりに目的があり、ラインの終わりに清々しさがあります。 このアプローチがC-X16を重要なモデルとしています。 C-X16を見てください。ステアリングを握りたくなるはずです。ジャガーのスポーツカーが人々に感じさせなくてはいけないのは、まさにそれなのです」