Skip primary navigation
Abstract front view of a Jaguar car

ジャガーについて

skip.tertiary.navigation

品質、信頼そして確実性

ジャガーは、キャッスルブロミッチにある最新鋭の生産ラインで製造されています。 そこにあるのは、尊敬に値するクラフツマンシップ。高性能ロボットや莫大な投資によって整備された設備が完璧にシンクロして稼働する中、優秀な何千ものスタッフが勤務しています。 そして一台一台を完璧に仕上げるのは、オペレーションディレクターのグランド・マクファーソン。

グランドは言う。「ジャガーの誇りは常にその秀でたデザインとエンジニアリングにあります。チームがデザインに込めた想いを形にすることが私たちの役目。どの一台に対しても想いは同じです」 「私たちは厳格なスペックを忠実に実現しなくてはなりません。私にとって品質とは、そのスペックを常に再現できる能力のことなのです。 ですから、細部に至るまで細心の注意を払うこと。それを徹底的に教え込みます。 私たちが作っているのは、ラグジュアリーカーなのですから」

受注生産される唯一無二の一台

ジャガーは受注生産されます。したがって生産ラインにあるジャガーはすべて、すでにオーナーが待ち焦がれている一台なのです。 この事実こそが、私たちの優れた製造プロセスにおけるハンドクラフトの証なのです。

グラントは言う。「驚きと喜びを提供したい。 新しいジャガーに初めて乗り込む、その瞬間がすばらしいものであってほしい。 私たちはお客様一人ひとりの期待をさらに上回りたいのです。 ジャガーには、アイコニックなデザインのすばらしい製品があり、私たちは自社の規律に対して真摯に取り組んでいます」

細部にまでこだわった品質

実際、この「細部にわたる細心の注意」とは、同工場で生産される一台一台が、あらゆる製造過程で繰り返し精査されることを意味しています。 例えばXJの製造過程においては、シート状のアルミニウムから始まり、それが最終的にラグジュアリーカーとして組み立てラインを離れるまで、何千もの精密プロセスと品質チェックを繰り返し完成されるのです。 非常に希なケースとして、ある過程において不完全な車両がある場合、問題点を修理し、確認し、再度確認し、完璧であると判断されるまで次の工程へ進むことはできません。

「従業員全員に、私たちが行っていることの意識を持たせ、集中させることが大事なのです。 私たちは、プレミアムカーを作っているのですから」。グランドは加える。 「そう、私たちはジャガーを作っているのです」

全工程の最後には、専任検査官による綿密な検査があります。一台一台すべてがきちんと機能するか、また損傷はないかなど、ジャガーと呼ぶにふさわしい精巧なレベルに仕上がっているかを確認するのです。

J.D. パワー アンド アソシエイツのAPEAL調査を実施

細部にわたる細心の注意を実践することにで、ジャガーは What Car? 誌の「ナンバーワン自動車メーカー」に選ばれました。 (J.D. パワー サーベイ 2012.) 

英国における自動車オーナー満足度調査は、自動車所有年数平均2年の約18,000人のオーナーを対象に実施されます。 性能、デザイン、快適性、品質、信頼度、所有コスト、経済性、そしてディーラーサービスの満足度にいたるまで自動車を所有する際のあらゆる観点から評価を行います。

「ジャガーで働くすべての人に称賛を送りたい」と、What Car? 誌の編集長チャス・ハレットから評価されました。「この調査から、ジャガーの顧客が自分のクルマにとても満足していることがわかる。これは、あらゆる自動車メーカーにとって大変すばらしい功績だと言えるでしょう」