Skip primary navigation
skip.tertiary.navigation
  1. ジャガーの信頼性

    ジャガーは世界で最も安全で信頼性の高いラグジュアリーサルーン、スポーツカー、SUVを追求し続けています。

    • デザイナーが最初に描くスケッチ、エンジニアの精密な計算から、バーチャル・実験施設・実世界での数千kmにおよぶ走行テスト、さらには車両の製造と組み立て、輸送にいたるまで、私たちのあらゆる活動に品質と信頼性の追求が深く根付いています。

      例えば、コンピューター支援エンジニアリング(CAE)のハードウェアとソフトウェアに毎年1,300万ポンドを投資。 これにより、迅速・正確にコンポーネントを設計し、実際の製造に入る前に数百万kmのバーチャルテストを行って最適化することが可能です。また、120万km以上の実走行テストと290トンのCO2排出を削減できます。

      「最先端のエンジニアリングは、ジャガー・ランドローバーの中核となっています。 これは、お客様が求める車を提供し、生涯にわたって愛好していただくためのベースになるものです」

      ニック・ロジャース プロダクトエンジニアリング エグゼクティブディレクター

      すべての新しいギアボックスは、ハイテクラボに設置した静的試験装置で12週間のテストを受けます。10年間・24万kmに相当するドライビングを、大幅に短縮した機関でシミュレーションしています。 そして、スウェーデン北部のマイナス40℃の氷結した森、50℃に達するアリゾナやドバイの砂漠、イタリア・ナルドの高速サーキットなどに車を持ち込んでテストを実施。その後、ドイツ・ニュルブルクリンクの過酷なノルドシュライフェ(北コース)を8,000km走行します。そのすべてが実際のオーナーによるドライビングを想定してテクノロジーの動作を確認し、最終承認を下します。

      完成したジャガー車では、インジニウムエンジンのクランクシャフトは、人間の毛髪の太さのわずか6%に相当する0.003mが許容誤差となっています。この妥協のない車作りが、最高3.8ℓ/100km(75mpg)の燃費と99g/kmのCO2排出量という効率性を支えています。 ジャガーのシャシーは、最先端のレーザーとカメラを用いて168カ所の品質検査を行っています。ボディのパネルギャップはプラスマイナス0.5mmの精度でチェック。最後は車体を6,000リットルの水にさらすモンスーンテストを実施します。

      JAGUAR F-PACE - 極寒のテスト、スウェーデン・アリエプローグ

      プロダクトエンジニアリングのエグゼクティブディレクター、ニック・ロジャースは次のように述べています。「最先端のエンジニアリングは、ジャガー・ランドローバーの中核となっています。 これは、お客様が求める車を提供し、生涯にわたって愛好していただくためのベースになるものです。 ジャガー・ランドローバーは研究開発とエンジニアリングに英国で最も多くの投資を行っている企業であり、2014-2015年度は31億ポンドを投資しました。また、近年はエンジニアリング施設を大場に拡張し、より迅速で効率的に、信頼性の高いエキサイティングな車を世界中に供給しています」

      私たちは航空宇宙産業やFormula 1™などの最先端分野から得た専門知識を結集し、自動車開発を革新するとともに、従来の方法では実現できないレベルのパフォーマンスや機能を生み出しています。