Skip primary navigation
skip.tertiary.navigation

レーシングDNA

レーシングDNA

ジャガーは長きにわたってモータースポーツ界で確実な結果を残してきており、ロードカーの進化を絶えず追い続けてきました。 今回のフォーミュラE参戦はその伝統を受け継ぐものであり、ジャガーの電気自動車開発に道筋をつける狙いがあります。

ジャガーのレーシングカー

ジャガーレーシングの主な出来事

XK120

1948~1954年-シルバーストーンとル・マン

新しいスポーツカーであり、ジャガーの画期的なXKエンジンの布石ともなるXK120は、市販車の世界最速記録を達成しました。 1949年にシルバーストーン戦に参戦し、その1年後には3台のXK120でル・マンレースに初挑戦しました。 モーターレースの新時代の始まりです。

C‑TYPE

1951~1953年-ル・マン

1951年に航空技師のマルコム・セイヤーがジャガーに加わり、空力学の知識と応用方法が開発陣にもたらされました。 セイヤーが初めて開発に参加したC-Typeはル・マンで優勝を飾り、セカンドカーのドライバーだったスターリング・モスがラップレコードを更新しています。 1953年、C-Typeは再びル・マンで優勝し、上位4位までに3台がランクインしました。

D‑TYPE

1954~1957年-ル・マン

1954年のル・マンでは、D-Typeが170 mph(273.53 km/h)という驚異的なトップスピードを記録したものの、悪天候が災いし、優勝は実現しませんでした。 しかし、続く1955年、1956年、1957年には見事に優勝を果たしており、特に1957年は上位6位までに5台がランクインしました。 D-Typeは現在でも最も成功したレーシングカーの1つとされています。

XJS

1975~1996年-ETCCとスパ・フランコルシャン24時間レース

1982年、英国のレーシングドライバーのトム・ウォーキンショーが率いたTWRチームは数台のXJS V12で参加し、いくつかのレースで優勝。 さらに1984年には、ウォーキンショーがETCCドライバーズタイトルを獲得し、同年には伝統あるスパ・フランコルシャン24時間レースで優勝しています。

XJR-9

1983~1991年 - デイトナ24時間レースとル・マン

クローズドコックピット採用のXJRレーシングカーは世界中の長距離耐久レースのサーキットで圧倒的なパワーを見せつけていますが、1988年のレースにおけるXJR-9に勝るものはないでしょう。 V12エンジン搭載のこのスーパーカーは、デイトナ24時間レースで、さらにはル・マンで勝利に向かってひた走り、ドライバーのマーティン・ブランドルとジャガーにドライバーチャンピオンとメーカーチャンピオンの栄冠をもたらしました。

R1からR5へ

2000~2004年 - F1

ジャガーのF1進出により、元フェラーリのドライバー、エディ・アーバインは、ジャガー在籍中何度も表彰台に上がることとなりました。 また、ジャガーのチームは、今では高い評価を受けているオーストラリアのドライバー、マーク・ウェバーの修行の場ともなっていました。 フォード傘下でジャガーレーシングは、コスワースV10エンジン搭載のレーシングカーを3台開発しました。

I‑TYPE

2016年-フォーミュラE

ジャガー・レーシングのチームが再結成! ジャガーのレース戦歴に鼓舞され、実績あるレーシングエンジニアと凄腕の技術者たちに支えられて、ジャガー・レーシングはI-TYPEとともにフォーミュラEに参戦します。1日も早くレースに出場したい、闘志と実力に満ちたチームです。 今後の活躍をぜひご期待ください。

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。