Skip primary navigation
skip.tertiary.navigation

チーム紹介

チーム紹介

チームは1つのビジョンを共有しています。それは世界各地のフォーミュラEのレースで表彰台のトップに立つことです。

アダム・キャロル

イギリス人レーサーのアダム・キャロルは、F1チームであるBARホンダのテストドライバーとしてその才能を開花させました。 A1グランプリのワールドチャンピオンを獲得後、GP2でも5勝を獲得。近年は、世界耐久選手権やヨーロッパルマンシリーズで好成績を収めており、現在はフォーミュラEの表彰台を目指しています。

ドライバーのTwitterを見る

ミッチ・エバンス

ニュージーランド出身のミッチ・エバンスは、6歳でカートレースに参戦し、16歳の時にニュージーランドグランプリで優勝しました。 元F1ドライバーのマーク・ウェバーに師事。21歳で迎えた2012年シーズンのGP3でチャンピオンに輝き、2015年のル・マンでは2位を獲得。2016年はGP2でも優勝を飾るなど、非凡な才能を持つ若手ドライバーです。

ドライバーのTwitterを見る

ホーピン・タン

10年もの間、国際的なレースシーンで活躍する中国系オランダ人のホーピン・タン。過去4年にわたってル・マンに出場し、F1チームのウィリアムズではテストドライバーを務め、インディカーにも参戦した初の中国系ドライバーです。

ドライバーのTwitterを見る

チームを陰で支える、もうひとつのチーム。

レース当日、ステアリングを握るのは2人だけです。しかし、エンジニア、メカニック、アナリストたちは、その舞台裏で着実に仕事をこなして、最高のパフォーマンスを発揮するために全力を注いでいます。

チームを陰で支える、もうひとつのチーム。

レース当日、ステアリングを握るのは2人だけです。しかし、エンジニア、メカニック、アナリストたちは、その舞台裏で着実に仕事をこなして、最高のパフォーマンスを発揮するために全力を注いでいます。

チームディレクター ジェームズ・バークレー

「私は、ずっとモータースポーツの世界で生きてきました。 今回、数々の栄光に輝いてきた歴史あるジャガーブランドの責任者として、新たな物語の幕開けに貢献できることを誇らしく思います」

参加する

レースディレクター クレイグ・ウィルソン

「ジャガーとのつきあいは、30年近くになります。 今回の仕事はかつてないほど特別なものなので、気持ちがとても高ぶっています」

参加する

ジャガー・ランドローバー
グループエンジニアリングディレクター
ニック・ロジャーズ

「若者たちの可能性を広げ、私たちの課題である環境問題を新たな方法を解決できた時、初めて成功したと言えるでしょう」

参加する

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。