Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2015年04月28日

ジャガー、ウィンブルドンのオフィシャルカーに採用

ジャガーはこのたび、ジャガーがウィンブルドン選手権のオフィシャルカーに採用されたことを発表しました。

ジャガーは、本年のウィンブルドン選手権の開催期間中(2015年6月29日から7月12日)、新型モデルのジャガーXEとXF、そしてXJなど170台のジャガー車両を提供し、ロンドン市内の走行も含め、大会の運営を支援します。

ジャガー・ランドローバーのUKマーケティング・ディレクター、ローラ・シュワブは次のように語っています。「ウィンブルドンは英国の象徴であり、世界中で国際スポーツの頂点として認められています。ウィンブルドンは、他に類を見ないイベントです。

ウィンブルドンは様々な想像をかきたてます。夏の到来を感じる人もいれば、英国スポーツの最高峰を連想する人もいるでしょう。当社は、オールイングランド・ローン・テニス&クローケークラブ(AELTC)との新たなパートナーシップに喜びを隠しきれません。良好な関係を構築し、極めて特別な大会であるウィンブルドンにふさわしいサポートを提供する所存です。」

英国の元トッププロテニス選手で、現在はAELTCの理事を務めるティム・ヘンマン氏は次のように述べています。「ウィンブルドンは最も有名なテニス・トーナメントであり、英国の風物詩のひとつです。そしてジャガーもまた、英国を代表するブランドであると言えます。両者は互いにとって、最適な存在だと感じています。」

AELTCのコマーシャル・ディレクター、ミック・デズモンド氏は、次のように付け加えています。「ジャガーをウィンブルドンのパートナーとして、そして世界的ブランドの仲間として歓迎できることを、大変喜ばしく思います。私どもは英国の特徴的な伝統を大変誇りに思っており、それだけにこの夏、ジャガーという英国を代表するラグジュアリーブランドが加わる素晴らしい大会を、心待ちにしています。」

スポーツ界を代表するジャガーのブランドアンバサダーのジョゼ・モウリーニョ氏は、AELTC理事会メンバー兼元英国ナンバー1に輝いたテニス界のスターであるティム・ヘンマン氏がホストを務めるツアーの一環として、初めてウィンブルドンを訪れました。モウリーニョ氏が自身のウィンブルドン初体験について語る短編映像も公開しています。

動画では、モウリーニョ氏がウィンブルドンの歴史が感じられるエリアを巡った後、ウィンブルドンの歴代チャンピオンと同様にセンターコートまで歩く様子を収録しています。

ジョゼ・モウリーニョ氏は次のようにコメントしています。「ウィンブルドンは単なるグランドスラムの一つではありません。素晴らしい大会、素晴らしい試合は他にもありますが、ウィンブルドンはウィンブルドンなのです。ウィンブルドンの伝統や歴史は偉大なものです。スポーツの歴史には伝説的な瞬間がいくつか存在します。ウィンブルドンは、サッカーの聖地であるウェンブリー・スタジアムで試合をするのと同じように、特別な場所なのです。実際にこの場に来てこそ感じられる、言葉にできないオーラが存在しています。」

2015年ウィンブルドン選手権は、2015年6月29日から7月12日まで開催されます。