Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2016年02月10日

「XE」が最も安全な車として認定

ジャガーのスポーツ・サルーン・モデル「XE」は、ユーロNCAP(European New Car Assessment Programme、欧州における新車アセスメント・プログラム)の「ベスト・イン・クラス・カーズ・オブ・2015(Best in Class Cars of 2015)」 大型ファミリーカー部門を初めて受賞しました。

「XE」は、ユーロNCAP の厳格な試験である2015 年安全テストにおいて、最高の5 つ星を獲得しており、標準装備している高度なアクティブ/パッシブ・セーフティ・システムが高く評価されています。

ジャガー「XE」、「XF」、「F-PACE」担当ビークル・ライン・ディレクター、ケビン・ストライドは次のように述べています。「私たちは、『XE』をクラストップのドライバーズ・カーとして開発しただけでなく、乗員と歩行者の安全性においても傑出したレベルを確保、提供することを目指してきました。そして、ジャガーの高度なアルミニウム構造に最先端技術を組み合わせることで、これらの目標をすべて達成することができたのです。『XE』は既にそのビークル・ダイナミクスが高い評価を受けていますが、今回の受賞により安全性も高いモデルであるということが証明されました。」

ユーロNCAP 安全テストは、2015 年から全幅前面衝突試験を新たに導入しており、5 つ星の獲得はこれまで以上に厳しくなっていましたが、「XE」が有する軽量かつ強靭な高度なアルミニウム構造や、最新のドライバー支援システムが大きく寄与し、最高評価の獲得に至っています。

「XE」は成人乗員保護性能で高評価を得ただけでなく、デプロイアブル(展開式)・ボンネット、自動緊急ブレーキなどの安全機能の搭載により、歩行者保護性能と安全支援機能においても競合車を圧倒しました。

ユーロNCAP 事務局長、ミヒャエル・ファン・ラティンゲン(Michiel van Ratingen)氏は次のようにコメントしました。「ユーロNCAP は、最高レベルの乗員保護性能と衝突回避技術を備えた『XE』を、2015 年の『ベスト・イン・クラス・カーズ』大型ファミリーカー部門に選出しました。重要な安全支援機能をすべて標準装備としたジャガーの功績を讃えたいと思います。」