Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2016年01月27日

最高速度200mph(約322km/h)のジャガー「F-TYPE SVR」、ジュネーブで世界デビューへ

「F-TYPE」のニューモデル「F-TYPE SVR」は、3月のジュネーブ・モーターショーで世界デビューを飾ります。発売予定は2016年秋です。

最高速度200mph(約322km/h)を誇るF-TYPE SVRは「SVR」のバッジを冠するジャガー初のモデルで、日常での使い勝手の良さはそのままに、アルミ製ボディの2シータースポーツカーの能力をフルに発揮するように開発されています。

「より軽量、より速く、よりパワフル」なF-TYPE SVRは、パフォーマンスとダイナミクス、そしてドライバーとの一体感が新たなレベルに引き上げられながらも、ジャガー車に受け継がれている快適性と二面性は保持しています。

ジャガー・ランドローバー・スペシャル・ビークル・オペレーションズ部門マネージング・ディレクターのジョン・エドワーズは、次のように話しています。「Fタイプ SVRは、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が開発するジャガー初のプロダクションモデルで、精密なエンジニアリング、性能、そしてデザインについてのありとあらゆる知識やノウハウを結集しました。その成果が、日常に乗れる、最高速度200mph(約322km/h)を誇る全天候型スーパーカーなのです。クルマ好きな方は、新開発のチタン製エキゾーストシステムから響くサウンドに大きな喜びを感じていただけるはずです。」