Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2012年11月22日

ジャガーカーズによるスピードボートの
コンセプトモデル

ジャガーカーズは、新型『ジャガーXFスポーツブレーク』のグローバルデビューに向け、エキサイティングかつユニークなスタを発表しました。「コンセプト・スピードボート by ジャガーカーズ(以下、コンセプト・スピードボート)」は、意外性のある素晴らしいパッケージの中に、英国のプレミアムラグジュアリーカーメーカーであり、スポーツカーメーカーでもあるジャガーが誇るデザインDNAを具現化しています。

コンセプト・スピードボートのプロジェクトを主導した、ジャガー・デザイン・ディレクターのイアン・カラムは、次のように述べています。「ジャガーのお客様は、既にオーナーの方も今後顧客になって頂ける方も、多様でアクティブなライフスタイルを楽しんでいらっしゃいます。ジャガーXFスポーツブレークを導入するにあたり、クルマ以外で、スピードと美しさの両立が求められるプロダクトに、ジャガーのデザインフィロソフィーがどのように応用できるかを考える機会を得ました。」

「コンセプト・スピードボートはパワフルな外観です。伝統的なスピードボートのアイデアを多く採用しつつも、ジャガーに期待される流麗さと速さの特性を兼ね備えています。」

ジャガーカーズは今回、クルーザーデザインの専門家*やオーダーメードのデザインプロジェクトマネージメント企業**の協力を得て、コンセプト・スピードボートの開発にあたりました。コンセプト・スピードボートは、天然のチーク材のデッキと、ゲルコーティングで仕上げたグラスファイバー製の船体で、アイコンともいえるD-Typeにヒントを得た、カーボンファイバー製のフィンで仕切られています。ボートの前部はシームレスにフロントスクリーンに向かって流れ、赤い2+1名用キャビンはジャガーのスポーツカーの特徴を反映しています。ジャガーカーズの伝統は、XJ シリーズ1よりアイデアを得た燃料フィルターキャップからも微かに感じることができます。磨き上げられたアルミニウム製プロペラと、ポップアップ式の係船柱を見れば、このボートがどのように動力を得て、係留されるかが分かります。

イアン・カラムはまた次のようにも述べています。「私たちのデザインを見て、多くの方々が、特にライフスタイルやレジャーといった、より広範囲な視点でジャガー製品を捉えるようになってくれることを望んでいます。私はずっとこのようなモノを創りたいという情熱を持っていました。このコンセプト・スピードボートと、ジャガーXFスポーツブレークのようなライフスタイルを象徴するクルマを結びつけると、しっくりくるのです。このふたつは完璧にマッチします。」

新型ジャガーXFスポーツブレークは、受賞の栄に輝くジャガーXFシリーズにおいて、これまでで最も多用途なモデルです。力強くありながらエレガントなデザイン、ダイナミックな性能、ラグジュアリーで現代的なインテリア、そして最大1,675リットルの荷物スペースを備えるなど、実用性の提供に妥協を許さないアプローチが見事にパッケージされています。

また、XFサルーンと同様の空力特性、ねじれ剛性、ダイナミックなハンドリング性能を持ち、このモデル用のパワフルで洗練された高効率なジャガー製ディーゼルエンジンシリーズを搭載しています。トランスミッションは8速オ-トマチックで、駆動方式は後輪駆動です。2.2リッターエンジンには、ジャガーのインテリジェント・ストップ・スタート・システムが組み込まれており、これまでのジャガー製品の中で最も燃費が良いエンジンとなっています。3.0リッター・ツインターボV6ユニットには、2種類のチューニングが提供され、そのうち最も高いグレードのディーゼルSは最大出力275PSを誇ります。XFスポーツブレークは英国およびヨーロッパ各マーケットにて11月より発売です。

※「コンセプト・スピードボート by ジャガーカーズ」は、XFスポーツブレークの発売を契機としたデザインプロジェクトです。種類は問わず、ジャガーカーズによる船舶の開発・製造または商品化の予定はありません。