Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2015年02月9日

ジャガー・ランドローバー 映画「007」シリーズ24作目となる最新作「スペクター」とのパートナーシップを発表

ジャガー・ランドローバーは、ジェームズ・ボンド・シリーズ「007」の24作目となる「スペクター(原題:SPECTRE)」に、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門が開発を担当する「ジャガーC-X75」、「レンジローバー・スポーツSVR」、「ディフェンダー・ビッグフット」が登場することを発表しました。

「C-X75」は、ローマの街で迫力あるカーチェイスを繰り広げ、「レンジローバー・スポーツSVR」と「ディフェンダー・ビッグフット」は、大幅な改造を施し、オーストリアで撮影を行いました。 「ディフェンダー・ビッグフット」には、スペシャル・オペレーションズ部門により、過酷な地形を走破できるよう37インチもの巨大なオフロード・タイヤのほか、特別なサスペンションや、ボディ保護を強化するための装備を採用しています。

ジャガー・ランドローバーは、「007」シリーズに連続して車両を提供しており、直近では、2012年に公開された「スカイフォール(原題:SKYFALL)」のオープニングシーンで、フィールド・エージェントのイヴ・マネーペニーがドライブした「ディフェンダー 110 ダブルキャブ・ピックアップ」を提供しています。

“ジャガー・ランドローバーにとって、『007』シリーズとのパートナーシップはエキサイティングなものであり、スペシャル・オペレーションズ部門の優れた能力を披露する機会といえます。” ジョン・エドワーズ スペシャル・オペレーションズ部門マネ-ジング・ディレクター

スペクター(原題:SPECTRE):ジェームズ・ボンド・シリーズ「007」24作目

製作/ アルバート・R・ブロッコリのイオン・プロダクション、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ

配給/ ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

公式ホームページ: www.007.com