Skip primary navigation

JAGUAR NEWS

2013年11月6日

F-TYPE クーペ、米国ロサンゼルスにて
ダイナミックにデビュー

かつてないダイナミックな性能を搭載し、パフォーマンスにフォーカスして開発されたジャガー F-TYPE クーペが、ロサンゼルスモーターショー開幕前夜の11月20日に世界に向けてデビューします。 このクーペは、ロサンゼルスのモーターショーと同時期に開催される東京モーターショーでもお披露目されます。 

オールアルミ・ボディのF-TYPEクーペモデルは、高い評価を得たC-X16コンセプトの妥協のないデザインビジョンを継承して生まれ、すでに発表されている『2013年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー』を受賞したF-TYPEコンバーチブルモデルを補完する一台となります。 

ジャガーのデザインディレクター、イアン・カラムは次のように述べています。「『C-X16』を披露した際の反響はとても素晴らしいものでした。そして新しいFタイプ クーペのデビューとなる、興奮と熱狂に包まれるであろうロサンゼルスでのプレミア・イベントは、忘れがたい瞬間となるでしょう。」 

「Fタイプ コンバーチブルは、我々が圧倒されるほど、素晴らしく高い評価を得ています。私個人にとっては、真のスポーツ・クーペを作り上げることは、何事にも代えがたい達成感を感じられる作業の一つです。視覚的にも動的にも、Fタイプ クーペは、その基準をさらに引き上げてくれた、一台といえるでしょう。」