COOKIE POLICY

Jaguar would like to use cookies to store information on your computer, to improve our website. One of the cookies we use is essential for parts of the site to operate and has already been set. You may delete and block all cookies from this site, but parts of the site will not work. To find out more about the cookies we use and how to delete them, see our Cookie Policy.

  1. ジャガーのサルーンファミリーをご紹介します

    ジャガーでは、すべての要求に応えられるよう、近縁種である3タイプの美しいサルーン車をご用意しています。

    • コンパクトなXE、成熟したXF、そしてよりラグジュアリーでありながらも滑らかなXJといった、3つの異なるマーケットに向けた3タイプのジャガーをご用意しています。特徴的な違いを持ちながらも、これらのタイプの関係性は明らかです。各タイプに極めて重要なジャガーのDNAが受け継がれています。

      コンパクトなエグゼクティブXEは3タイプの中では最も小さく、続いてXFが中間のサイズとなっています。ラグジュアリークラスのXJは最も大きく、広々としています。車体を横から見てみると、3タイプのどれもが、前輪の前の地上近くからはじまり、ホイールアーチの上で優雅な曲線を描きながら、車体全体をリヤに向けて流れていくショルダーラインを共有していることがわかります。

      「ある時には快適なクルーズを楽しみ、その次の瞬間、力強く走り抜けることができます。この素晴らしい双対性が3タイプをリンクしています。」

      XEのショルダーラインは車体後方に向かうにしたがって上昇しています。またこのラインは、低く設置されたフロントグリルによって強調されています。ブランドのかかげる四脚動物の名にふさわしく、この自動車には躍動感がみなぎっています。

      そのスポーティな横顔を特徴付けるかのように、XFのショルダーラインはトランクリッドにかけてツンと飛び出しています。オーバーハングは前モデルよりも短くなっていますが、室内、特に後部はより広くなっています。また、軽量アルミニウム構造により、前モデルに比べて190 kg軽量化されています。

      現行のフォルムに採用されているジャガーグリルは、2007年にXFにて初採用されたものですが、これによりXJはジャガーの自信を表明しました。現モデルのXJにも採用されているとおり、間違いなく最大の表明となります。さらに近付いて見てみてください。直方体の、ライトガイドアクセントを備えた最新のライティングテクノロジーが採用されているのがおわかりいただけるはずです。XFの宝石のようなヘッドライトにはブレードも組み込まれており、これがXEとの違いを生み出しています。

      XJには、モダンなジャガーのはじまりを示す「リバフープ」デザインが採用されています。これはダッシュボードの片側から反対側まで途切れることなく流れる優美なスパーであり、その名の由来である伝統的なスピードボートブランドを彷彿とさせる「コックピット」的な感覚を与えてくれます。

      XJのインテリアが競合車より際立つのは、この強いデザイン性が所以です。まるで英国の会員制クラブのように、上品で洗練されています。

    • XEにもまた「リバフープ」が採用されていますが、より暖かみがありスポーティな室内になっています(上)。Xfのインテリアは、他の2タイプ間のバランスを絶妙に取ったものになっており、驚くほど広い後部シートは、180 cmを超える身長の人でも快適に乗ることができます。

      「車体を横から見てみると、3タイプのどれもが、前輪の前の地上近くからはじまり、ホイールアーチの上で優雅な曲線を描きながら、車体全体をリヤに向けて流れていくショルダーラインを共有していることがわかります。」

      中央の高くなったトランスミッショントンネルに、「リバフープ」、そして大きくスタイリッシュなダッシュボード。たちまち室内にすっぽりと収まっているような感覚になるでしょう。その最高の空間には、10.2インチのInControl Touch Proタッチスクリーンインフォテインメントシステムが設置されています。最新のスマートフォンさながらに、スワイプ、拡大や選択などの操作に素早く、敏感かつ力強く反応します。このテクノロジーは、XJとXEにも搭載されています。

      XFシリーズの多様なガソリンおよびディーゼルユニットの中から、180 hp出力ユニットの2.0リットルインジニウムクリーンディーゼルを、滑らかなシフトが可能な8速オートマチックトランスミションと組み合わせでご利用いただけます。

      燃料消費量16.7 km/Lと、わずか114 g/kmのCO2排出量が実現可能であることから、多くのローダウントルクが利用でき、その素晴らしさは明白です。XFは、ジャガーのトレードマークである流動性と正確性を兼ね備えています*。

      ガソリンエンジン搭載XE Sは、さらにパンチの効いた特徴を備えています。スーパーチャージド340 hp 3.0リットルV6は、アクセル時には豪快なうなり声をあげ、わずか5.1秒で0-100km/hに達する本格的なパフォーマンスを爆発させます。ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションが、この車にダイナミックさと俊敏さを与え、競合車を引き離します。

      ステアリングホイールを握ったとき、XEやXFがきらきらと輝いて見えるのはご期待のとおりですが、XJがいかにドライバーに運転して欲しそうに見えるかには、きっと純粋に驚くはずです。今や340PSを実現した3.0 V6スーパーチャージドガソリンエンジンによって、コーナリングでも楽々と走行でき、軽く正確なステアリングは、大型のサルーンというよりはスポーツカーのような感覚を与えてくれます。

      これは、ある時には快適なクルーズを楽しみ、その次の瞬間、力強く走り抜けることができることを意味しています。この素晴らしい双対性が3タイプすべてをつないでいます。兄弟のように、外見や性格は違っても、ファミリーの一員なのです。

      * 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。

      実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。

      燃料消費率(JC08モード: 国土交通省計測値):
      • XE: 17.1 km/L(180PSディーゼルエンジン)
      • XF: 16.7 km/L(180PSディーゼルエンジン)
      • XJ: 11.5 km/L~(240PSガソリンエンジン)
      CO2排出量 g/km:
      • XE: 109 g/km(180PSディーゼルエンジン)
      • XF: 114 g/km(180PSディーゼルエンジン)
      • XJ: 199 g/km~(240PSガソリンエンジン)

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2019

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。
写真の車両には、一部地域でご利用いただけないオプション装備、ディーラー装着のアクセサリーが含まれている場合があります。