COOKIE POLICY

Jaguar would like to use cookies to store information on your computer, to improve our website. One of the cookies we use is essential for parts of the site to operate and has already been set. You may delete and block all cookies from this site, but parts of the site will not work. To find out more about the cookies we use and how to delete them, see our Cookie Policy.

  1. どこまでも遠くへ。

    I-PACEコンセプトの最新の熱管理システム(サーマルマネージメントシステム)によって、航続距離が向上する仕組みについてご紹介します。

    • 温度管理はどの車においても重要ですが、I‑PACEコンセプトやI‑TYPEフォーミュラEレースカーのような電気自動車では特に重要になります。

      レースカーでは、効果的な熱管理ができれば、より速く、より長時間サーキットを走ることができます。I‑PACEコンセプトなどの市販車では、1回の充電で走れる距離が最大50kmも長くなります。

      I-PACEコンセプト: 熱管理

      I-PACEコンセプトでは、バッテリー、モーター、そしてキャビンの3つの温度を管理する必要があります。高度な熱管理システムによって、これらを個別に加熱および冷却し、それぞれのエネルギーを相互利用しています。たとえば、電動モーターで熱が発生した場合は、その熱を室内またはバッテリー(または両方)を温めるのに使用します。このように熱エネルギーを高度にマネージメントすることによって、加熱のためのバッテリー消費を抑え、結果、より多くのバッテリー電力を航続距離の延長に使用することができるのです。

    • 「3つの熱源で発生したそれぞれの熱を相互に利用できるという、非常に高度なシステムです。」
      ウォルフガング・ジーバート博士(ジャガー・ランドローバーテクニカルデザインディレクター)

      車自体が発するエネルギーの回収に加えて、外気を取り入れて室内の暖房に利用するヒートポンプも採用。これは極めて少ないエネルギーで外気の熱エネルギーを大きくする装置で、外気温が比較的低い場合でも機能します。こうして温められた空気をキャビンに供給し、従来の電気ヒーターを使用しないことで、室内の暖房に必要なバッテリー電力が低減されます。

      このヒートポンプの影響は非常に大きなものです。外気温が10°C~15°Cの場合、バッテリー電力のみによる暖房と比較して、ヒートポンプを使用した暖房ではI‑PACEコンセプトの航続距離を最大50km延長できます。

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2019

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。