COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

未来への責任

「排出ゼロ、事故ゼロ、渋滞ゼロの世界。私たちの目標は、絶え間ないイノベーションによって、より安全で健康に配慮された社会と、よりクリーンな環境を作ることです。目まぐるしく変化する世界に、製品やサービスを適応させていかなければなりません」。

ラルフ・スペッツ博士

当社ではこの目標を「デスティネーションゼロ」と呼んでいます。
そして毎日の仕事の指針としています。

排出ゼロ

2007年に開始した取り組みによって、2007年から2017年の間に、1台あたりの運用時CO2排出量を50.7%*削減し、欧州仕様車の平均走行時CO2排出量を36.1%削減しました。

これは、ハイブリッド車や電気自動車のラインアップを拡大することで達成できた成果です。世界初のプレミアム完全電動SUVとなったジャガーI-PACEもその1つです。また、100%再生可能かつCO2排出量ゼロの電力を英国の全製造拠点で使用することで、製造ネットワーク全体でのカーボンニュートラルの実現に取り組んでいます。

事故ゼロ

交通事故の94%は人的ミスが原因です。これを削減する取り組みとして、当社ではヒューマンマシンインターフェース(HMI)と自動運転テクノロジーに注力しています。

ジャガーおよびランドローバーの新型車には、ドライバーの眠気や疲れの兆候を検知して早めの休息を促すドライバーコンディションモニターなど、多様な運転支援機能が搭載されています。

渋滞ゼロ

世界の輸送インフラは限界を迎えつつあると、当社は考えています。道路と車両に新世代のスマートテクノロジーを導入すれば、交通の流れを最適化し、ドライバーが走りたいルートを走ることができるようになるはずです。

今後自動運転を実現するための研究の一環として、GLOSA(青信号最適化速度推奨機能)のテストを積極的に行っています。これは、赤信号での停止時間と目的地までの所要時間の短縮に最適な速度を算出する直感的テクノロジーです。

持続可能な変革は、排出ガスゼロの取り組みや運転行動の改善だけでは実現できないと当社は認識しています。このため、新車開発のすべての段階において、循環経済の原則および地球環境への影響の低減に対するシステマティックなアプローチを基盤としています。

  • 100%

    英国の製造工場の100%が、埋め立て処分される廃棄物ゼロを達成しています。

  • 1,400万

    事業全体で、使い捨てカップから車両部品の梱包材料に至るまで、1,400万個の使い捨て製品の使用を取りやめました。

  • 316,000

    2013年から2019年までに、クローズドループ方式によるアルミニウムスクラップ316,000トンが、車両の軽量アルミニウム構造として再生されました。

  • 75%

    再生アルミニウム素材の75%は、車体のプレス工程で発生したアルミニウムスクラップから再利用されています。

世界中でビジネスをサポート

ジャガーとランドローバーの両方から幅広いラインアップのラグジュアリーカーをご用意し、ビジネスの多様なニーズに対応しています。

*英国、オーストリア、中国合弁事業、ブラジル工場における生産数量の増加、グリッドミックスの整理、効率性の向上による。