Skip primary navigation
skip.tertiary.navigation

チャンピオンシップ

チャンピオンシップ

2017/2018シーズン

2017/18: 素晴らしいデビューシーズンを終えたのち、チームは12月に香港で始まるシーズン4へ向けて始動しています。 新たな都市がスケジュールに加わり、新マシンのI-TYPE 2を投入するジャガーは、2年目の挑戦でさらなる高みへ駆け上がります。

今後のレース

2018年2月3日(土) サンティアゴ

シーズン4で新たに加わった開催地ですが、チームプランは不変。常に勝利を目指します。3つのストレートセクションをフルスロットルで駆け抜ける。ドライバーと車体が一体となり、勝利をつかみ取ります。

2018年3月3日(土) メキシコシティ

標高2500m以上。フォーミュラEの開催地として最も標高が高く、世界でも屈指の高地に位置するサーキットです。空気の薄さを味方に付け、シーズン3ではミッチが4位を獲得しています。シーズン4ではさらなる好成績を期待しています。

2018年3月17日(土)プンタ・デル・エステ

太陽が降り注ぐ美しい海岸線に沿った、全長2.785kmのサーキット。タイトなシケインと超高速のコース設定が特徴です。極めて独特なサーキットのひとつだと、ドライバーたちが語るのも納得できます。

2018年4月14日(土) ローマ

全長1.77マイル(約2.85km)のローマE-Prixは、今シーズンで2番目に長いコース。イタリア初の完全EVシングルシーターレースで、21カ所の異なるターンに各ドライバーが限界まで挑みます。

2018年4月28日(土) パリ

歴史的建造物のアンヴァリッドの周囲で開催された昨シーズンのレースはチケットがソールドアウト。チームは3戦連続でポイントを獲得しました。2人のドライバーに大きな期待がかかります。

2018年5月19日(土) ベルリン

シーズン3ではミッチがVISAファステストラップアワードを獲得。ジャガー・レーシングが手にしたフォーミュラEで初のトロフィーでした。今シーズンも同じ成功を目指し、活躍が期待されます。

2018年6月10日(日) チューリッヒ

チューリッヒでのレースは、1954年のスイスグランプリ以来となるスイス初のサーキットレースです。

2018年7月14日(土) ニューヨーク

再びニューヨークへ。シーズン3でパナソニック・ジャガー・レーシングはニューヨーク初のEVストリートレースに出走し、歴史に名を刻みました。そのレースはまた、チームの北米復帰戦でもありました。

2018年7月15日(日) ニューヨーク

ブルックリンのレッドフック地区、ウォーターフロントのワインディングを駆け抜ける。マンハッタンの象徴であるスカイラインや自由の女神など、素晴らしい景観が魅力的なコースです。

2018年7月28日(土) モントリオール

シーズン最後の週末となるハイドロ・ケベック・モントリオールE-Prixのコース。何人かのレーサーが最も攻略しがいのあるコースの1つだとコメントしています。ブラインドターン、アップヒル、ダウンヒルのセクションを攻略し、冷静さを保ち続けたドライバーのみが栄冠に輝きます。

2018年7月29日(日) モントリオール

FIAフォーミュラEシーズンの最終レース。チームは有終の美を飾るために限界まで攻めて、表彰台を目指します。

これまでのレース

2017年12月2日(土) 香港

フォーミュラEのシーズン4は、衝撃的な幕開けとなりました。約一年ぶりに香港のストリートコースへ戻ってきたパナソニック・ジャガー・レーシング。第1戦では、新加入のネルソン・ピケJr.が見事に4位入賞。

2017年12月3日(日) 香港

続く第2戦、チームは2つの快挙を成し遂げました。ミッチ・エバンスが決勝レースを3位でフィニッシュ。パナソニック・ジャガー・レーシング初となる表彰台に上がりました。ミッチは予選レースでも1位のタイムを叩き出しています。

2018年1月13日(土)マラケシュ

ネルソン・ピケJr.は今回のレースを4位でフィニッシュしながら「VISAファステストラップアワード」も獲得しました。彼はたった3回目の出場で4位入賞を果たし実力を見せつけました。チームはドライバーランキングでも4位に躍進しました。

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。

フォローする

下のリンクからフォローしていただくと、チーム、車両、活動に関する情報にアクセスできます。