COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ファクト

フリー走行と予選を通して、最大出力が使用可能です。これまでで最速かつ最高効率のI-TYPEは、3シーズンにわたるフォーミュラEへの参戦で培われた知識の粋を集めたものです。アタックモードでは、出力が225kWhから235kWhへと引き上げられます。

  • 最高出力:
    250kW(335PS相当)

    アタックモード:
    235kW(315PS相当)

    最高回生出力:
    250kW

  • 0~100km/h
    2.8秒

    全長:
    5,160mm

    全幅:
    1,770mm

  • 最高速度:
    280km/h

    バッテリー重量:
    385kg

    最小重量(ドライバー含む):
    900kg

  • I-TYPEのバッテリー

    Generation 2リチウムイオンバッテリー(385kg、52kW)をカーボンファイバー製のセーフティセルに格納。バッテリーの使用可能エネルギー量は、スマートフォン5,000台をフル充電できる水準です。レース前に充電式エネルギー貯蔵システム(RESS)が充電され、レース中は回生ブレーキシステムがエネルギーを回収して、バッテリーに蓄えます。

  • I-TYPEのパワートレイン

    ジャガーレーシングMGU(モータージェネレーターユニット)はシーズン6に向けて新開発されたもので、Generation 2マシンでの最初のシーズンで培われた知識が投じられています。開発とテストでチームが焦点としたのは、 I-TYPEのパフォーマンスをさらに引き上げるためのMGUの軽量化と効率向上でした。

  • I-TYPEのインバーター

    特製の炭化シリコーンモジュールを採用したI-TYPEのインバーターは、ジャガーレーシングが開発。直流電流(DC)をバッテリーパックに貯蔵し、モーターに供給される交流電流(AC)へと変換して、走るための電力を生み出します。

  • I-TYPEの構造

    新しいマシンの過激なルックスは、単に見かけの華やかさのみを追求したものではありません。I-TYPE 4 のデザインは、他の車両のすぐ後を追う場面であっても、大型のディフューザーの効果でダウンフォースを高め、卓抜したグリップを確保することに特化しています。特筆すべきもうひとつの特長は、FIAが新たに導入し、革新的なLED表示灯を備えるハロー(Halo)ヘッドプロテクション装置です。ハローがブルーに点灯しているときは、マシンとドライバーがアタックモードに入っていることを示します。マゼンタ色に点灯しているときは、ドライバーがファンブーストをオンにしています。つまり、お気に入りのチームやドライバーの戦略をファンが簡単に見て取ることができるのです。​

  • ジャガーのレーシングDNA

    ジャガーのパフォーマンス、技術、デザインに対する評価は、世界最難関のレースや選手権の場で築かれてきました。

  • RACE TO INNOVATE

    心を奪うデザイン、息を飲むパフォーマンス。フォーミュラEで積み重ねられた経験が、公道を走行するEVにどのように活かされているのかをご覧ください。