COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ファンブーストでジャガーのドライバーに力を

フォーミュラEでは、すべてのチームが同一のシャシーとバッテリーユニットで走行します。最適なバッテリーパフォーマンスを保ちながらパワーを引き出す、ドライバーのスキルと能力が重要となります。そのなかで今シーズンも設けられているのが、ドライバーがアドバンテージを得られるファンブーストというシステムです。ファンブースト投票で上位5名に入ったドライバーには、レース後半に5秒間急加速する権利が与えられます。投票期間はレースの6日前から当日の開始6分前まで。1日に最大4回投票できます。

  • ミッチ・エバンス

    6歳でカートレースを始め、16歳のときにニュージーランドグランプリで優勝。元F1ドライバーのマーク・ウェバーに師事し、2012年シーズンのGP3でタイトルを獲得。GP2に昇格した2013年には、弱冠18歳のルーキーながらマレーシアのセパンサーキットで3位の表彰台に上がり、最年少記録を更新しました。さらに2015年には、ル・マン24時間耐久レースを2位でフィニッシュしています。

    ミッチは、パナソニックジャガーレーシングがモータースポーツに復帰した2016年、同チームでABB FIAフォーミュラEデビューを飾りました。多くの人からフォーミュラE屈指の俊敏なドライバーと目されていた彼は、チーム加入後2シーズン目で、スーパーポール進出、ポールポジション、表彰台など、パナソニックジャガーレーシング初となるさまざまな記録を達成。

    2019年には果敢な走りがついに実を結び、ローマでフォーミュラE初勝利を達成。続いてベルンとニューヨークでも表彰台に上り、結果としてドライバーランキング5位でシーズンを終えています。

  • ジェームズ・カラド

    パナソニックジャガーレーシングは、ABB FIAフォーミュラE選手権シーズン6の開幕を前に、英国出身のジェームズ・カラドを新しいドライバーとして迎え入れます。

    ジェームズは現在30歳。1999年にカートレースを始めて以来キャリアを重ね、フォーミュラEチャンピオンのジャン=エリック・ベルニュや、F1ドライバーのバルテリ・ボッタスをはじめとするトップクラスのドライバーたちと競い合ってきました。そして2017年、FIA世界耐久選手権(WEC)でGTE Proクラスのチャンピオンとなり、2019年にはル・マン24時間レースでGTE Proクラス優勝を果たしました。

    ウェールズのペンアルスを拠点に活動するカラドはこれまでにGP3、GP2、英国F3、F1でポイント獲得、上位入賞、優勝などの戦績を収めており、シングルシーターでの豊富な経験からフォーミュラEでの活躍が期待されています。

  • ジェームズ・バークレー
    チームディレクター

    「フォーミュラEのシーズン6は、これまでで最も厳しい戦いになるでしょう。だからこそやりがいがあり、いっそうの成功を目指す気概がチームにあふれています」

  • クレイグ・ウィルソン
    レースディレクター 

    「一丸となって勝利をつかみ取るための方法論を、チームはすでに体得しています。シーズン6の焦点は、たゆまず進歩して常に表彰台を目指すことです」

  • ニック・ロジャース
    エグゼクティブディレクター
    プロダクトエンジニアリング

    「若者たちの可能性を広げ、私たちの課題である環境問題を新たな方法を解決できたとき、初めて成功したと言えるでしょう」