COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

Jaguar driving down road under stormy skies.

ジャガー ディーゼル
エキゾースト フルード(DEF)

ユーロ 6の基準をクリアした、ディーゼルエンジン
および尿素SCRシステム(選択触媒還元)。

ユーロ 6排出ガス規制が、自動車やドライバー、環境に与える影響をご説明します。

ディーゼル エキゾースト フルード(DEF)とは?

DEFは、AdBlue®、AUS 32、ARLA 32とも呼ばれる非毒性、無色、無臭、不燃性の液体です。
車の専用タンクに入っているDEFは、排気システムに注入され、排気ガスを清浄。放出される窒素酸化物(NOx)を無害な水蒸気と窒素ガスに分解します。

/

DEFのレベル低下を確認する方法

DEFのレベルが低下すると、メッセージセンターに表示されます。

1. DEFの補充をお勧めするレベルになると、最初のメッセージが表示されます。

2. さらにDEFが減少すると、補充を指示する黄色の警告アイコンが表示されます。

3. その後は、DEFタンクが空になるまでの走行可能距離をカウントダウン。

4. 走行可能距離がゼロになると、赤色の警告アイコンが点灯。DEFを補充するまで、エンジンを始動できません。

/

ご注意

DEFのレベルが低下すると、メッセージセンターに通知されます。DEFの補充は、
お近くのジャガー正規ディーラーにご相談ください。ノンドリップ補充ボトルをご用意しております。
DEFの平均消費量は、1リットルあたり800 kmです。
ただし、運転のスタイル、天候、道路の状態によって大きく異なります。

DEFの保守

EUの法律ではDEFがなければエンジンを始動できないため、供給を維持することが重要です。DEFのレベルが低下した場合、ただちに補充するようメッセージセンターに事前警告が表示されます。
ジャガー正規ディーラーでは、定期メンテナンスの一環としてDEFを補充いたします。詳細は、オーナーズハンドブックをご参照ください。

/

DEF(AdBlue®)の補充

ジャガー正規ディーラーでは、ジャガープレミアムケア期間中の定期点検において、DEFを無償で補充いたします。

よくある質問

一般

SELECT MODEL

一般 - 一般

  • DEFの消費量は条件によって大きく異なります。平均消費率は800 km/1リットルですが、運転スタイル、天候、道路の状態によって大きく変化します。
  • DEFがなくなると、エンジン停止後、再始動できなくなります。これは、ユーロ6排出ガス規制の要件となります。エンジンを再始動する前に、タンクには最低3.6リットルのDEFを補充する必要があります。
  • DEFは、必ず元の容器に保管し、ボトルに記載されているメーカーの保管・取り扱い推奨事項に従ってください。絶対に車内に保管しないでください。

メンテナンス

SELECT MODEL

メンテナンス - メンテナンス

  • 次のDEF補充までの走行可能距離は、ダッシュボードのメッセージセンターでいつでもご覧いただけます。 

    〈 確認方法 〉 

    1. イグニッションをオンにします。ただしエンジンは始動しないでください 。
    (有効なスマートキーが車内にあることを確認。ブレーキペダルを踏まずに、計器盤の警告ランプが点灯するまでエンジンのSTART/STOPボタンを押し続けます)  

    2. ステアリングホイールコントロールのOKボタンを押して、メインメニューにアクセスします。
    (一部のモデルでは、ドライバーアシスタンスが表示されるまでOKボタンを繰り返し押します) 

    3. ステアリングホイールコントロールの下矢印ボタンを操作して下にスクロールし、車両情報をハイライトします 。 

    4. OKボタンを押します 。 

    5. 下にスクロールして、ディーゼル エキゾースト フルードをハイライトします 。 
    (一部のモデルでは、次のサービスとして表示されます) 

    6. OKボタンを押すと、ディーゼル エキゾースト フルードのレンジが表示されます。 


    *上記の情報が表示できない車両も一部ございます。詳しくは、ジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。

  • はい、お近くのジャガー正規ディーラーで1.89リットルDEFノンドリップ ボトルをご購入いただければ、ご自身でタンクに補充することができます。このボトルは、使いやすさと滴下防止のために特別に設計されています。他の容器のご使用はお勧めいたしません。

    標準の ISO22241-1 または DIN 70070 に適合しない他の液体をDEFタンクまたはDEFに混入させないでください。お車の正常な動作が損なわれます。

    DEFを誤って燃料タンクに注いでしまった場合は、エンジンをかけずに、ただちにお近くのジャガー正規ディーラーまたはロードサイドアシスタンスにお電話ください。

    ガソリンスタンドの商用車用DEFポンプは絶対に使用しないでください。流量が多すぎるため、お車のDEFタンクを損傷する場合があります。

    DEFタンクへの補充方法は、オーナーズハンドブック をご参照ください。

安全性

SELECT MODEL

安全性 - 安全性

  • DEFは無害ですが、体の一部に付着したり、誤って口に入った場合は、パッケージに記載されたアドバイスを参照し、医師の診断を受けてください。DEFがジャガーの塗装に付着した場合は、すぐに拭き取り、その部分をボディシャンプー等で洗い流してください。DEFが室内トリムや衣服に付着した場合は、流水と濡れ雑巾を使用して、すぐに拭き取ってください。

ユーロ 6とは?

ユーロ6は、排気ガス排出を制限することで自動車をより環境に優しいものにすることを目的とした欧州法の一つです。この法律は、車両が1キロメートルあたりに放出する窒素酸化物(NOx)と炭化水素(HC)の量に制限を設けています。

新しいユーロ6では、ガソリン車とディーゼル車でその制限が異なります。ディーゼル車の場合、NOx排出の許容レベルは180 mg/kmから80 mg/kmに、炭化水素排出の許容レベルは230 mg/kmから170 mg/kmに引き下げられました。ガソリン車のNOx排出量の許容レベルは60mg/km、炭化水素排出量の許容レベルは100mg/kmで変更はありません。

他の自動車メーカーと同様に、ジャガーはこの新しい規制を以下の通り遵守することを法的に義務付けられています。
  • 2015年1月1日から、新しく導入されたすべての車両はユーロ6基準を満たす必要があります。これには既存の新モデルが含まれ、例えばXEが該当します。
  • すでに販売されている車両は、2015年9月1日までにユーロ6に準拠する必要があります。ただし、2015年6月1日より前に製造され、メーカーから納車された車両は、2016年9月1日まで引き続き販売できます。この場合、メーカーは免責を申請する必要があります。

尿素SCRシステム(選択触媒還元)テクノロジーとは?

尿素SCRシステム(選択触媒還元)テクノロジーは、2016年モデルのすべてのジャガー ディーゼル車に搭載されています。
ジャガーは、排気システムから放出される窒素酸化物(NOx)のレベルを最大90%削減することにより、ユーロ6の排出ガス規制に準拠しています。
SCRテクノロジーでは、新世代の触媒コンバーターに加えて、ディーゼル エキゾースト フルード(DEF)の使用が必須です。

/

ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。

利用規約

ジャガープレミアムケアは、ジャガー正規ディーラーにおいてご提供しています。
ジャガー車のDEF/AdBlue®チェックとフルレベルまでの補充は、定期点検の際に無償で行なっています。
ご予約については、事前にジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。

DEFの詳細は、お近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせいただくか、 オーナーズハンドブック をご覧ください。 AdBlue®は、Verband der Automobilindustrie e V. (VDA)の登録商標です。