COOKIE POLICY

Jaguar would like to use cookies to store information on your computer, to improve our website. One of the cookies we use is essential for parts of the site to operate and has already been set. You may delete and block all cookies from this site, but parts of the site will not work. To find out more about the cookies we use and how to delete them, see our Cookie Policy.

  1. 世界中の施設

    すべてのジャガー車の性能と信頼性を高めるため、世界各地で一体となった取り組みを進めています。

    • 英国ホイットリーのエンジニアリングセンターとゲイドンのジャガー・ランドローバー試験場から、すべてが始まります。

      ゲイドンには、380エーカーにおよぶエンジニアリング&デザイン施設があり、2,500人のエンジニアが働いています。 ここでは、マイナス40℃の北極圏から55℃の中東の砂漠までの環境をシミュレーションできる人工気象室をはじめ、多彩な先進ツールを完備。 また、プロトタイプのエンジン、トランスミッション、ギアボックス、シャシーを試験装置を用いてテスト。10年間・24万km走行に相当するライフサイクルを、わずか数週間で英国を離れることなく検証できます。

      JAGUAR F-PACE - 人工気象室テスト、イギリス・ゲイドン

      ゲイドンの専用テストトラックでは、4レーンの排出量サーキットを1日24時間走行できるとともに、低速耐久性サーキット、発展途上国の砂利道を再現したトラック、オフロードコースなどを用意。ドライバーが実際に遭遇する多様な道路条件で車両をテストして、パフォーマンスと信頼性の限界を探ることができます。

      さらに私たちは、世界各地に高度な設備をそろえた試験施設を開設しています。どんな場所でも確かな信頼性を発揮するため、考えうるかぎり最も過酷な環境で数千kmもの走行テストを行っています。

    • スウェーデン・アリエプローグや米国インターナショナルフォールズで行う極寒のテストほど過酷なものはありません。車はマイナス40℃の環境に一晩放置され、翌朝には正常に指導できることが求められます。

      JAGUAR F-PACE - 極限の気候条件でのテスト

      米国フェニックスのアリゾナ砂漠では、最高50℃の乾燥しきった環境下でパフォーマンス、ブレーキ冷却、空調システムをテストするとともに、ペイントパネルを屋外に3年間屋放置して退色への耐久性を検証しています。 さらに、デンバーの山岳道路では、エンジンとトランスミッションの稼働状態をテスト。

      「標高はエンジンとギアボックスの連動性に影響を与えます」そう語るのはオートマチックトランスミッションシステムのシニアマネージャー、ゲド・パイバスです。 「デンバーは4,350m、メキシコシティは2,250m、中国・インド・南米では最高4,700mの場所に道路があります。 空気が薄くなるとエンジン性能に大きな違いが出るため、トランスミッションがそれを認識し、適合できるようにしなければなりません」

      テストは中東にも拡大し、ドバイのアルバーシャに施設を開設しています。ここは地上で最も過酷な砂丘のひとつで、SUVのオフロード走行を検証するのに最適な場所です。

      テストの過酷さは、気温や自然条件だけではありません。 全長12.5kmの高速バンクを持つイタリア・ナルドサーキットでは、プロトタイプを用いた35,000kmの耐久走行を一週間以上にわたってほぼ最高速度で実施。ハンドリングトラックでサスペンションの最適化も行っています。

    • 最後の極限のテストとして、ジャガーのすべてのモデルはドイツ・ニュルブルクリンクの名高いノルドシュライフェ(北コース)に挑みます。 車両は「Enthusiastic Driver Robustness Test(熱狂的なドライバーのロバスト性テスト)」の舞台へ送られ、ドイツ・アイフェルの森の中に作られた高低差300m、73個の困難なコーナーが存在するコースを390周(総距離8,000km)します。

      「ニュルブルクリンクを制した車は、実環境でも優れた性能と耐久性を発揮します」

      フィル・タルボイ 欧州テストオペレーション マネージャー

      全長20.8kmのノルドシュライフェを高速で1周することは、通常道路140kmのテストに相当すると言われており、私たちの数週間のテストは80,000km走行に当たります。

      欧州テストオペレーションズのマネージャー、フィル・タルボイは次のように述べています。「ニュルブルクリンクでは、1周ごとにさまざまな機会と一貫した指標を得ることができます。 この極限の耐久テストは、車のパフォーマンスの最高レベルに合わせて実施しています。通常のドライビングを優に超えるテスト走行を行うことが、最終製品のロバスト性を確認する我々の手法です」

      「信頼性からロバスト性、ハンドリング性能まで、一般のドライバーの方々に多くのメリットをもたらします。 ニュルブルクリンクを制した車は、実環境でも優れた性能と耐久性を発揮します」

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2019

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。